2017年2月10日 (金)

平成29年2月の東電請求料金

東電から1月使用分の
支払いと太陽光購入電力量のお知らせが届いた。
期間的には1月11日~2月8日の29日間の分となります。

買電 314kWh  7,851円(税込)
売電 358kWh  15,036円(税込)

料金はプラス7,185円、昨対比159.5%の好成績!
昨々対比ではなんと268.6%!!
昨年がいまいち成績が悪かっただけに、
今年は滑り出しが好調で期待できそうだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

玄関収納の棚の追加

この頃掃除と整理にこだわりだしたかみさんから、玄関に置いてあるバイク関連のものがジャマ!と言うクレームが来た。
特にヘルメットが目立ってジャマとのことだ!

ヘルメットはいま普段使いのYJ-17 ZENITHの他に、リードEX時代に使っていた以前のヘルメットも置いていた。
「あんなあぶないもの、ぜったいにバイクの後ろには乗らない!」と言っているかみさんが、万が一の万が一「後ろに乗って風を感じてみたいな~」なんて気になった際に、気が変わる前にすかさず乗せられるようにしていなければならないからだ!

かみさんからは、玄関収納の中で空間が余っているので棚創れ!ということだが、こんなもん、ぜっーったいにメーカーでオプションがあるに違いない。

我が家の建具や据え付け収納類はだいたいLIXIL製で、玄関収納もLIXIL製。調べてみるとLIXILの公式販売サイトがあり、こちらでオプションの棚を二つを購入。

Cimg0780Cimg0781届いた状態。
棚の他に、ダボと納品詳細書が一緒に届いた。

-

Cimg0783Cimg0782こちらが装着前

-

-

-

-

Cimg0785_2Cimg0784_2そして装着後

何でもかんでもD.I.Y.で板買って加工するより、
既製品が楽で安くてきれいよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

平成29年1月分の電気量データ

平成29年1月分の電気量データがまとまった。
太陽光発電量429kw
電気消費量430kw
自家消費量79kw
売電量350kw
買電量351kw
自給率 99%

昨年より発電量がだいぶ良いデータとなった!
消費量も増えたものの結果的に昨年よりも自給率も4%アップ!!
落ち込んでいた発電量がこのところ増えてきたのがうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

TOTO浄水器カートリッジの交換

我が家のシステムキッチンはTOTOのもので、専用のビルトイン形浄水器専用自在水栓が着いており、その浄水器のカートリッジの交換をした。
今回はTOTOの純正品だが、カートリッジはクリンスイでおなじみの三菱レイヨンのOEMらしく、UZC2000HG(以前はUZC2000)が同製品という話で、そちらの方が安く購入できる。

Cimg0768カートリッジは以前に購入済み。
今はカートリッジ単体(TH634-2)のほうが安いみたいだが、買った当時はなぜかカートリッジにホースが込みのキット(TK302B2)のほうが密林で安かったのでこちらを購入していた。

Cimg0769とりあえず取付けするカートリッジに取付日を記入。

-

Cimg0770Cimg0771シンクしたを見渡すと、カートリッジの先のホースが留められていることが判る、ここが留まっているとホースが伸びず引っ張り出せないので。中の棚のものをどかし、棚自体も引っ張って外し、その先で留められている箇所を外す、ここは今後も外しておいた方が便利そうなので外したまま。

Cimg0772Cimg0773カートリッジを垂れる水があるので受け皿の上に置き、青のリングの凸凹を合せ、OUT側→IN側の順に外し、新しいカートリッジは逆にIN側→OUT側の順に取付し、青のリングの凸凹は外れないようずらす。ちなみに右の写真のIN側が抜けないようずらした状態で、OUT側は脱着が効く合わせた状態。

Cimg0774Cimg0775カートリッジをホルダーに戻した後、中の棚を取り付け、取り出していた皿等を戻す。
そのあと、浄水器専用自在水栓を開き、何分か水を出して抜気と最初の水を抜けば完了。

※右側写真の水ほうき水栓の頭についている→印は、ほうきシャワーの状態か通常水栓の状態かが解り辛いので、テプラで取り付けたマークです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

東三河帰省と山梨韮崎立寄り旅行

今年も年末年始からずらして、1月第三週末に絡めて有休を取り、スコップ連れて東三河帰省することとしました。また帰りは韮崎での一泊をいれて。

20日の朝2時に家を出(昨年の帰省は3時起きで東名へ乗り込みが4時に間に合わず高速料金は割引適用失敗したことからその教訓を活かした!)、朝の首都高混雑が始まる前に東名に抜け、浜松ICで途中仮眠をとり時間調整をし第二東名を経由し浜松いなさJCTから東名に移り、朝9時過ぎに豊川IC。ここから豊橋のかみさんのおふくろ方の墓参りを済ませ、APITAで昼飯を買いこみ、かみさん実家へ。ここまでの走行距離360km。

かみさん実家へ到着し実家墓参りを済ませ、その日はゆっくり休み、翌日21日も長篠設楽原PA(下り)の下道用駐車場に車停め土産物買いのほかは、婿殿σ(^^)はお気楽ご気楽で、スコップとゴロゴロ。

22日は朝ごはんを食べて、かみさん実家を出立、TOCOO!トクー!市で予約した山梨は韮崎IC近くのサクラリゾートへ向かいます、ここは犬も泊れるコテージを予約している。

新城ICから第二東名で新清水ICで降り、R52から一部r10経由しまたR52に戻り、増穂ICから中部横断自動車道~双葉JCTから中央道~韮崎ICへ。

Cimg0743Cimg0742ここで韮崎IC近くの集雲庵にて昼食とした。
σ(^^)はかけそば、かみさんはざるそば、それに付け合わせでてんぷら盛り合わせと鳥モツ。

まだチェックインには時間があるので、タブレットで食事の最中に近隣の観光どころを検索。昇仙峡までもいけそうな時間があるので、宿泊地を越えて昇仙峡に足を延ばす。
これが峠道で途中は残雪もあったが、エクストレイルとATタイヤのおかげもあり走行。
Cimg0744Cimg0745Cimg0746昇仙峡はロープウェイの乗り場までは来たが、時間の都合もあるので引き返す。
途中、荒川ダムにも立ち寄る、この手前の道は走り屋が夜来るのか、タイヤのブラックマークが黒く残っていた。

Cimg0749Cimg0747_2で、峠を戻りサクラリゾートへ。シュノンソー(フロント)で手続きを済ませコテージにチェックイン。ここのコテージは清潔に整えられており、11月に泊った蓼科(女神湖)のホテルアンビエント蓼科コテージに比べるとコテージとしては雲泥の差。
荒天のキャンセルで自分たちしか泊っていないのにこころよく応対してくれ、食事も豪華ではないにせよ手の籠った料理が出、温泉もゆっくり楽しめた。

翌朝23日はかみさんマイレージ貯蓄のため朝の連ドラを見てから出立。前日に調べてあった桔梗屋の工場へアウトレット購入に行くこととし、下道で向かった。
信玄餅詰め放題には間に合う時間につかなかったが、社員特価販売1/2コーナーで信玄餅含め大量の土産購入!

そのあとは、一宮御坂ICで中央道に乗り、途中渋滞にはまりつつも昼過ぎには地元に到着。自分の実家へお土産を届け、後は自宅でゆっくりとお休み。今回の行程は通しで850kmの走行距離となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

平成29年1月の東電請求料金

東電から前年12月使用分の
支払いと太陽光購入電力量のお知らせが届いた。
期間的には12月9日~1月10日の33日間の分となります。

買電 373kWh  9,402円(税込)
売電 296kWh  12,432円(税込)

料金はプラス3,030円、昨対比103.1%の利益
昨々対比では223.5%!!
日数が多いにしてもとっても良い出来!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

マジェスティS・リードEX D.I.Y.エンジンオイル上抜き交換

元旦というのに、特にやることもなく、
マジェスティSも前回の定期点検時のエンジンオイル交換から半年以上経ち、その後の走行距離も1600kmを超えたことから、エンジンオイルの交換をすることとした。
ついでにリードEX(まだ処分せずに持っていたりする)もエンジンオイルの交換をすることとした(昨年末にやる予定がついつい…(^^ゞ)。

今回はルート産業モリドライブプラスSN/GF-5 5W-30の余りにモリドライブレスキューSM 10W-40を継ぎ足し。

まずはリードEXから
Cimg0726Cimg0733Cimg0734オドメーターは12016km。暖気をしっかり行い、オイルエクストラクターを用いて上抜き。そのあとモリドライブプラスSN/GF-5 5W-30を約700ml注入。最後の100mlは、一度キャップを閉めエンジンかけ、レベルゲージで確認しながら入れる。

マジェスティSも同様
Cimg0736Cimg0735Cimg0728オドメーターは5612km、
前回のオイル交換から1632km。
こちらも暖気をしっかり行う。

Cimg0729Cimg0732マジェスティSの場合、オイルキャップ(兼レベルゲージ)が狭っ苦しいところにあり、幸い手持ちの1ℓサイズの小さいオイルジョッキがアプローチできるのを確認、そしてオイルエクストラクターで上抜き。

Cimg0737Cimg0738エンジンオイルは、1ℓのオイルジョッキにモリドライブプラスSN/GF-5 5W-30の余りが約600ml、これにモリドライブレスキューSM 10W-40を約400ml継ぎ足して1ℓ。
こぼしたら面倒なので、ジョッキの先をオイル口にしっかり突っ込み、少しずつ丁寧に850ml程入れ、そのあとは一度キャップを閉めエンジンをかけ、またレベルゲージで点検の繰り返しで全量注いだ。抜いた廃オイルは、ペットボトルに小分けし入れ、燃えるゴミの日に廃棄。

軽く試走して、以上のないこと(調子の良さ)を確認。

今回は上抜きで、1ℓのオイルジョッキを用いたが、以前リードEXで用いていた
P9220020P9220023下抜きには百円ショップで購入した料理用アルミプレートやペット用シーツ、
上からのオイル注入には、大きめのオイル刺し(更にはこの先にビニールチューブなんてあったら最強)なんてのもよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年太陽光発電年間データ

平成28年1年間の太陽光発電データをまとめてみました。
以下の表はSHARPサンビスタソーラーWEBモニタリングサービスのデータからです。
28_2


発電量     4490kwh
消費量     3683kwh
自家消費量878kwh
売電量     3612kwh
買電量     2802kwh
CO2削減量2264kg
自給率121.91%
自家消費換算15702円
売電換算 151946円
買電換算   70185円

ということで売電-買電=81761円の年間の儲けが出ている計算。
去年よりまたちょっとデータは悪くなったが、それでもこれだけ稼いでいれば助かります。

ちなみに平成24年1月の稼働から平成28年12月までの5年間の儲けを試算すると、484524円の儲けとなる。
太陽光発電を行わなかった場合の支出を7000円/月と仮定すると、7000円×60カ月=420000円。
つまり、太陽光発電を選択したことで、この5年間に約100万円の回収をしたことになり、
あと3年後には投資を回収し終わり、そこから2年間は42円単価の売価で儲けを上げられる試算。

銀行に預けるよりもだいぶよい資産運用だ!
そして何よりもエコで社会貢献!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年12月分の電気量データ

あけましておめでとうございます。
本年最初のblogとなります。

平成28年12月分の電気量データがまとまった。
太陽光発電量336kw
電気消費量404kw
自家消費量67kw
売電量269kw
買電量337kw
自給率 83%

昨年より37kwほど発電量が上がったが、ここのところの寒さで電気消費量が上がったため自給率は若干悪い!
それでも発電量が少し上がったのがうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

マジェスティSタイヤ交換:ミシュラン パワーピュアSC

Cimg0674_2Cimg0678_2我が家…というか私のマジェスティSも走行距離5400kmとなり、減りが早いと噂の純正のKENDAタイヤにスリップサインが出てしまった。

以前のリードEXのタイヤ交換の際も、都内の安い店をいろいろ検討して決めたが、今回も検討の結果、板橋にあるテクニタップに決定。ここは環七沿いにあり、都内のややこしい所に比べれば解りやすく、また千葉(松戸)方面からもアクセスしやすい。

次期タイヤについては、バランスとウェット性能で評判が良いダンロップスクートスマートと迷ったが、コーナーグリップの割に持ちが良いというミシュランパワーピュアSCに決定。

Dsc_0481メールで店にタイヤの金額等確認を行い、電話にて交換日時の予約しメーカーへのタイヤ発注もしてもらう。
そして本日、午前中成田でテニスをしてから下道で走ってきたが、日曜ということもあり、環七も混まずにすいすいこれ、成田から下道で2時間で着。

Cimg0684Cimg0685左は今回取付けるパワーピュアSC、フロントが120/70-13、リヤが130/70-13。
右は取り外したKENDAの純正タイヤ、とくにリヤはセンターがツルッツル。

なお、金額は
        タイヤ代 工賃
F 120/70-13 ¥5200 \2700
R 130/70-13 ¥6000 \4320
これにタイヤ処分 \200×2で、合計 ¥18620のところ
店で窒素ガスも頼んだら\400×2なのに、合計\19000-(税込)にまけてくれた。

Cimg0688Cimg0686取付け終わり、店前で撮影。
新品時の保護ワックスや、ステッカー剥がし跡もあり、しばらく走ってタイヤも温め皮むき終わるまでは、滑るので要注意!

走ってみると思いのほかバンクする、たぶんトレッドが丸くラウンドしているためだろう。純正KENDAの新品時にあった前輪の切れ込みもなくとても自然な感じなハンドリング。
そして丸いことで道路のうねりにもタイヤがとられない、特に低速時にとられていたので、それが無くなり、路側に近い荒れたところを低速で走る際もハンドルに神経集中しなくてすみ、気が楽になった。
また、REIFタイヤで荷重指数も高いので固くなっているはずなのだが、思いのほか乗り心地も良い。窒素ガスの効果もあるが、新品で減っていないのでトレッドゴムの厚みが効いているのかも。

Cimg0693_2Cimg0694_235kmほど走って自宅に着いてからのタイヤの状態。
日常でのバンク角程度までは、皮むきももう大丈夫そうだ。
あとは、ウェット時の性能とタイヤの持ちがいいかどうかだが、少なくとも純正のKENDAよりは持つだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«平成28年12月の東電請求料金