« シマトネリコの木がカブトムシだらけに | トップページ | 平成30年7月分の電気量データ »

2018年8月 7日 (火)

東三河帰省と伊豆修善寺温泉立寄り旅行

この夏も盆からずらして、8月最初の週末にスコップ連れてかみさんの実家東三河へ帰省することとしました。帰りは旅行気分も入れるため伊豆修善寺温泉の一泊をいれて。

2日の2時半に家を出、第2東名で休憩を何度か取りながら新城ICで降り、まずは実家に荷物を下ろし、豊橋のかみさん母方の墓参り。

Dsc_1168Dsc_1169Dsc_1170ランチはこれまで何度も訪れた旨い記憶があるかつ時の豊橋店で、平日ランチメニューの中からσ(^^)はロース&ヒレカツセット、かみさんはカツカレーセット。

かみさん実家へ到着し、その日はスコップとともに爆睡。

翌朝、まずは朝めし、愛知で朝めしと言ったらモーニングコーヒー。
Dsc_1171ということで、新城のコメダでモーニング。
朝7時開店だが、開店前にすでに開店待ちの客あり、7時半にもなると、満席に近い状態。

Dsc_1172Dsc_1173Dsc_1174そして本日は、以前もお世話になった豊川市の赤塚釣堀。しかしこの日は忍耐の日であった。
この日の熱射で腕はまっかっか!水温も高いせいか食いも渋り釣果は5時間いて鯉4匹にとどまった。
水面に顔出してアピールする鯉がこんなにいるのに、かなりスレていて、いざ餌出してみると食んですぐ吐き出し、吸い込むような食い方はしない。

翌日の4日土曜も朝めしはモーニング。
Dsc_1180Dsc_1181Dsc_1182かみさんがネットで調べ、雲の柱という店へ。新城には似つかわしくない、内装も、かけられている絵も、メニューもこじゃれた店です。

午後は下道で長篠設楽原PAへ行き、土産物を購入。
他にも土産物としては、だわり屋でこれまた会社土産となる日本酒を購入してある。以前も評判が良かった、柴田酒造場生酛純米原酒众と、森山酒造(小さい会社で東栄町の観光案内が公式HP)の蜂龍盆蔵出し原酒の2本。

Dsc_1187Dsc_11905日日曜の朝は、せっかく来たのだから道の駅もっくるで卵かけごはんモーニング。
σ(^^)だけで卵5個とご飯2杯半いただいた。

Dsc_1178Dsc_1191ここは足湯もある。
また入口にポスターが貼ってあったが、新城ラリーを映画の内容に掛け合わせて張ってあったのと、ニューキャッスルアライアンス会議という世界で新城という名の都市での友好の場が今年は新城で催されるらしい。

朝食を終え、荷支度をしてかみさん実家を出、新城ICから第2東名へ。
Dsc_1194Dsc_1192Dsc_1193駿河湾沼津SAで軽い休憩、
このドッグランでは気が合うワンちゃんが多かったのか、犬見知りのスコップが他のワンちゃんと仲良く。
長泉沼津ICで新東名を下り、そのまま伊豆縦貫道へ。

Dsc_1195Dsc_1196Dsc_1198途中、旨かった思い出のある、三島の麺処田ぶし三島店で昼食。
でも慣れたせいか、今までのような満足感がない、次回はもう寄らないかな。

Dsc_1200Dsc_1205Dsc_1206_2そして予約を取ってあったペットも泊れるサンシャイン修善寺に一泊。
スコップの散歩の際、散歩道からは街並みを見下ろす景色も。
夕食は、取り立てて豪華ではないものの、十分な内容。
Dsc_1201Dsc_120324時間の温泉は、内風呂、サウナ、そして露天風呂。
内風呂は源泉かけ流し。
露天は循環のようだったが、こちらは解放感が良かった。

Dsc_1207Dsc_1208それ以外にも、時間限定だが貸切の露天風呂もある。
こちらも源泉かけ流しで良い風呂で有った。

6日月曜は9時に宿を出、長岡温泉に向かい、以前泊った際に食べて気に入ったマルキひもの店に立ち寄り、トロあじとカマスの干物を購入。

そして伊豆縦貫道~東名~首都高と走り、13時前には千葉県に突入。
Dsc_1209Dsc_1211_2Dsc_1210昼飯は普段食べにいけないところということで、吉光 船橋北口店で寿司。
ここはカウンターに流しがある立ち食い寿司で、箸を使わず手で食べる。これがうまい。

そして自分の実家に寄り土産を渡し、14時前には自宅到着。
今回の行程は、総走行距離792.1km ガソリン使用量85.89ℓ 行程燃費9.22km/ℓ
行きの途中、浜松SAでエンジンをかけての仮眠が燃費に影響が出た。

|

« シマトネリコの木がカブトムシだらけに | トップページ | 平成30年7月分の電気量データ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東三河帰省と伊豆修善寺温泉立寄り旅行:

« シマトネリコの木がカブトムシだらけに | トップページ | 平成30年7月分の電気量データ »