« マジェスティS D.I.Y. スロットルの戻り改善 | トップページ | HEAD ユーテックスピードMP16/19を2本ストリンギング »

2019年5月11日 (土)

エクストレイルD.I.Y.エンジンオイル上抜き交換

エクストレイルが前回のオイル交換より4000kmを越え、今のペースだと次の車検まで3000km程度しか走れないだろうからD.I.Y.でオイル交換をした。

Cimg5004 Cimg5003 今回のオイルは、ルート産業のモリドライブサイレントプラス0W-20 SN 4L(全合成油)。
ルート産業のホームページではこのモデルは載っていない。

用意したものはオイル以外にいつものように3ℓのオイルジョッキ、手動式エンジンオイルチェンジャー、パーツクリーナー、ウェス。

先ずはエンジンを10分ほど暖気。
エンジンを止め、レベルゲージよりチェンジャーのホースを奥まで差し込み、ピストンを往復して抜気しタンクの内圧を下げ、エンジン内のオイルを引き抜く。途中内圧が戻るのでピストンを都度動かす。
引き抜き終えたらレベルゲージを戻し、新しいエンジンオイルをジョッキに3ℓ移し、ゆっくりとエンジンに入れる。
いったんレベルゲージを確かめ、規定量3.6ℓ(フィルター交換なしの場合)となる残りの0.6ℓほどをジョッキに移し、少し足してはレベルゲージを確かめながら入れる。
最後にエンジンを一度かけ、止めて最終のレベルゲージチェックを行う。

軽く試走してみたが、エンジン音はかなり静かになり、またガサツキ感が無くなりスムーズになった。

|

« マジェスティS D.I.Y. スロットルの戻り改善 | トップページ | HEAD ユーテックスピードMP16/19を2本ストリンギング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジェスティS D.I.Y. スロットルの戻り改善 | トップページ | HEAD ユーテックスピードMP16/19を2本ストリンギング »