« 愛犬連れて上塩原温泉一泊旅行(令和元年度) | トップページ | 令和元年7月分の電気量データ »

2019年8月 6日 (火)

エクストレイル ウォッシャーポンプ交換

購入より10年が過ぎたNT31だが、入れたばかりのウォッシャータンクの水がほんの2週間ばかりで無くなるようになった。

梅雨時は判りづらかったが梅雨明けしてからよく観察してみると、停めていた状態でウォッシャータンク下に水が垂れた形跡が見られる。
前輪をバタ角の上にあげ下から覗いてみると、バンパー下とタンク下部が濡れて漏れているのがわかる。
推定ではたぶん取り出しのパッキンだろう。

自分で直すことも諮詢したが、D.I.Y.でデイライト装着した際のバンパー取り外しの面倒さを考えるともう自分ではやりたくない。

ということで、行きつけの日産ディーラーへ。
相談してみるとウォッシャータンク廻りの構成を教えてくれた。
ダウンロード - nt31e382a6e382a9e38383e382b7e383a3e383bce382bfe383b3e382afe59b9ee3828ae38391e383bce38384.pdf
パッキンだけでの部品はなく、ポンプと一緒のアッセンブリーとなるとのこと。
いちおうウォッシャータンク交換も含めた概算見積を出してもらった。
ダウンロード - nt31e382a6e382a9e38383e382b7e383a3e383bce382bfe383b3e382afefbc86e3839de383b3e38397e4baa4e68f9be6a682e7ae97e8a68be7a98d.pdf
一番怪しいパッキンもだがポンプ自身からも漏れることもあるとのこと、これだけなら右前輪外してタイヤハウス内のカバー外しての1時間程度の作業。
まんいちタンク自身だとしても、いったん手を止めてポンプ手配してまた作業の追加も可能ということなので、
まずはポンプ廻りのアッセンブリーを注文し、8/4の工場の空きで交換を依頼。

8/4に作業をしてもらったところ、ポンプ廻りの交換で修理は済み、結局ポンプ本体からの水漏れだったらしい。
請求金額はこちら
ダウンロード - nt31e382a6e382a9e38383e382b7e383a3e383bce3839de383b3e38397e4baa4e68f9be8ab8be6b182e9a18d.pdf

これでこのお盆のいくつかの墓参りドライブや月末のかみさん実家への帰省も安心!

|

« 愛犬連れて上塩原温泉一泊旅行(令和元年度) | トップページ | 令和元年7月分の電気量データ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛犬連れて上塩原温泉一泊旅行(令和元年度) | トップページ | 令和元年7月分の電気量データ »