« 防災兼ねたヘルメットの購入 | トップページ | 新しい炊飯器購入:タイガーJPC-G100 »

2020年6月 7日 (日)

D.I.Y.実家玄関のドアクローザー交換

かなり前からオイルが抜けてバタンと閉まるようになっていたのだが、ストッパーの山まで潰れて効かなくなり、バネしか働くなった。ということで、σ(^^)が交換を行うことに。

Cimg5920Cimg5922 写真の通り、オイルが抜けて上面は油を吸った埃だらけ。
製品はNHN(ニッカナ)製であるが、すでにこのメーカーは廃業。
ネットで知らべてみると、NHN(ニッカナ)製の取り付けネジ穴を再利用して着ける前提に売られているものもあるが、ひょっとしてまたいつか交換ていうことが起きた時を考慮し、RYOBI 取替用ドアクローザーのS-202Pと、別売のL型プレートをamazonで購入。
んでこの 取替用ドアクローザー なのだが、説明がちと小さい文字で読みづらいうえに、やたらいろんなネジがついてきて、熟読してからでないと作業がおぼつかない。それもいろいろな過去穴の径に対応できるようにの配慮以外にも、失くす前提でなのか同じサイズでも使う倍近い数量のネジが付属する。後から気づいたのだがまずは説明書見てネジを順番に小分けして並べておくと作業が捗ったはず。

Cimg5921Cimg5923Cimg5926 先ずは取り外し作業に係るわけだが、いきなり框についているブラケットのプレートのネジが三つとも違う!
外した状態では真ん中の写真の通り…Orz
こんなことのために金属加工用ドリルは持ってきたので、一番小さい真ん中の穴は広げ、3つの穴とも別売のL型プレート に付属してきた同じタッピングビスで取り付け。

Cimg5925Cimg5929Cimg5927 本体も取り外すとこの通り。
位置だしの失敗した穴もさることながら、
本体を実際取り付けてるネジ穴もずれている。
このあとは格闘シーンで、写真撮る気も回らず、何とかブラケットと本体を取り付け。

Cimg5928このあとはストッパー位置出し。
扉を開き、90度程度に開いた位置でアーム根本の10mmボルトを固定。
これでストッパーも効くようになった。
あとはスロー調整を、「閉じ始め」「真ん中」「閉まる手前」での細かい調整もあるのだが、おおかた製品の当初の設定のままで行けるので、そこらへんは勘弁!

あとは取説類を無くさないよう実家の者に言いつけ完了。

 

|

« 防災兼ねたヘルメットの購入 | トップページ | 新しい炊飯器購入:タイガーJPC-G100 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防災兼ねたヘルメットの購入 | トップページ | 新しい炊飯器購入:タイガーJPC-G100 »