自動二輪(マジェスティS)

2020年6月14日 (日)

マジェスティS リコール対応(2回目)

マジェスティSももうすぐ2万キロとなるが、前回のリコール対応に続き、またしてもリコールが出た。それもエンジン系。
Img_20200614_0001 Img_20200614_0002前回はエンジン系は免れたが、今回のリコールには思いっきり該当。
そして左のお手紙がヤマハから届いた。
買った店は少し距離があるので、預けることとなるとちょっと面倒。
また手紙届いてからすぐにだと忙しいかもしれないし、それよりも他のマジェスティSで修理に手馴れてもらってからのほうが良いかと考え、6月に入り7日日曜に店に電話してみた。
店からは原二だが代車手配可能とのことであり、なら預けてもさほど面倒でないのでそのまま申し込み、店からヤマハにリコール部品の手配をかけてもらった。
そして11日木曜に店から電話あり、リコール部品が届き代車手配も済んだとのこと、在宅勤務が終わり店が閉まる前にマジェスティSで急いだ。
Dsc_2151 Dsc_2152代車は左の写真のシグナスX。
久しぶりの原二だが、以前乗っていたリードEXとまでいかないまでも出足の遅さと安定性のなさを感じる。
サスペンションもシグナスXのほうが柔らかいのだが、ホイールベースとタイヤ径の違いかバタバタ感はある。
そして右の写真、本日14日日曜にリコール修理終わったマジェスティSを店で引き取り。
排気量もホイールベースもタイヤ径もわずかな差だが、マジェスティSは良く出来てると改めて感じる。

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

マジェスティS D.I.Y.エンジンオイル上抜き交換

Cimg5900Cimg5905 マジェスティSも我が家に来てから5年となり、総走行距離が19500kmとなった。

Cimg5904Cimg5903今回、前回のオイル交換より走行距離2200kmを越え、前回はフケ上がり重視で少なめのオイル量にしたこともあるので早めのオイル交換を行うこととした(現在のオイル量をレベルゲージで見ると許容範囲だが少な目)。

Cimg5902用意したのは写真の左側から、
モリドライブレスキューSM 10W-40の残り、amazonで購入したAZMEO-012 バイク用 4サイクルエンジンオイル【10W-40 SL/MA2】4L 全合成油(EG044)、上抜き手動式オイルチェンジャー、1ℓ用のオイルジョッキ、パーツクリーナー、ウェス。

Cimg5906Cimg5907Cimg5908軽く試走行を行いエンジンオイルを温めてから、上抜き手動式オイルチェンジャーでオイルを抜き取る。1ℓ用オイルジョッキに800mlを取りまず入れ、次に200ccほどオイルジョッキに移し、様子を見ながらうち半分の100mlを入れ、合計900ml(マジェスティSのオイル公式全容量は950ml )。これでゲージの半分になった。

Cimg5909

2200km走行のオイルはこんな感じで黒い。前回のオイル交換では850mlしか入れてなかったので、900mlのペットボトルにこの量だとオイル上がり等はほぼ無い様だ。
このあと、軽く慣らしの試走行して完了。

0517追記:
本日、ランチがてら50kmほどドライブ。
AZMEO-012 バイク用 4サイクルエンジンオイル【10W-40 SL/MA2】4L 全合成油(EG044)の性能が気になっていたところである。 
日常範囲での運転では判らなかったが、スピードを出せるところではトップエンドのフケ上がりが非常に良い。
これがどれくらいまで持ちが良いかわからないが、けっこう期待できそう。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

マジェスティS D.I.Y. エアフィルタークリーニング

マジェスティSも走行距離1,9000kmを超えた。
前回の給気エアフィルター交換KN企画にて販売しているKOSO レーシングエアフィルターに更新してからも10,000km超えたがこの走行の間、給気に関してはトラブルもなく走っている。 今回はエアフィルターのスポンジフィルターのクリーニングを行うこととした。

Cimg5824Cimg5826Cimg5827先ずは軽くクリーナーボックス廻りを水洗い。
次にクリーナーのアウターボックスを留めているネジを外す、
ネジは隠し蓋や下側にも有る。
するとアウターボックス毎フィルターが外れる。

Cimg5829Cimg5830Cimg5831フィルターフレームの小ねじを外すと、赤いアウターフレーム、スポンジフィルター、黒いインナーフレームに分解できる。

Cimg5832Cimg5833Cimg5834洗浄に際し、スポンジを傷めるとよくないので、溶剤でも優しいペイント薄め液で洗浄してみることにした。
ビニール袋にスポンジと薄め液を入れ、軽く揉み込む。そうすると真っ黒い液が出てきて大まかな汚れはこれで落ちた。

ここで写真は撮り損ねたが、クリーナのフレームに戻してみると、スポンジが伸び切ってフレームに合わないほど大きく伸びてしまった(^^ゞ


Cimg5835Cimg5836ということで、大急ぎぬるま湯と台所洗剤を用い、本洗浄。
すると薄茶色の乳白色の水が出てきて、さらにすすぎ洗いをし、スポンジ傷めないよう絞る。
これでフレームに併せてみると少しサイズが戻った!
さらに風通しが良いところに置き、しばらく乾燥。

Cimg5837Cimg5838スポンジを乾かしている間、フレームやアウターボックスの洗浄。
フレームにはかなりの埃油汚れがこびりついているので、洗浄後のペイント薄め液を歯ブラシにつけ、擦り浮かしてからパーツクリーナーで吹くと簡単に汚れが落ちる。
アウターボックスは埃程度なので、水かけてブラシで洗って乾かす。

Cimg5839Cimg5840Cimg5841あらかた乾燥したフィルターをフレームに戻してみると、おおかた元のサイズに納まった!(^^)!
次回からは溶剤を使用せず、最初からお湯と洗剤で洗おう!
フレームに戻した後、インナー側から四駆で使っていた手持ちのファイナーフィルターのフィルターオイル(FFFコンパウンド)を塗布し、しばらくスポンジに落ち着くのを待ってバイクに装着。

その後は軽く試走をして終了。
明日は成田のテニスなので、その際フィーリングを確かめよう。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

伊豆下田へツーリング

この3連休の中日、4年ぶりに伊豆下田へ行った。
前回は4年前でかみさん実家への帰省からの帰りに車での立ち寄りに前々回は5年前でかみさんと一泊旅行で行ったのだが、会社同僚の墓参であり今回は七回忌でバイクで日帰りのツーリング。

Cimg5754Cimg5755寝坊してしまい出立は10時近く、この時点で時間を甘く見すぎ読み間違ってた(^^;
キャリアにRVBOXと両側にサイドバッグを装着し、ETCを取り付け出発。

Cimg5756Cimg5757 京葉道路~首都高~東名高速とつなぎ、足柄SAで小休憩。
ハンドルカバーとグリップヒーターのおかげで温かくはあるものの、手は振動で痺れ。この時点でスロットルアシストがあるの思い出して装着。

Cimg5758東名高速を新東名へ選び長泉沼津ICで降り、伊豆縦貫自動車道(無料区間と修善寺道路(有料)天城北道路(有料)含む)を抜け、道の駅伊豆月ケ瀬で小休憩、この辺りからポツポツと雨が…Orz

R414を下り天城峠を越える、このころには本降りに。
曇りのち晴れと言っていたのに天気予報なんか信じない!
途中からr14(といっても道自身はこちらがまっすぐ)で河津川沿いに河津町へ出、
コメリハード&グリーン河津店花を買い、サイドバッグに挟み込みR135で海岸沿いに下田へ。

Cimg5759Cimg5760先ずは坂本龍馬飛翔の地で
唐人お吉の墓がある
宝福寺でパチリ。

Cimg5761Cimg5762そして稲田寺お吉の恋人だった船大工“鶴松”の墓がある。
先ほど買った花で会社同僚の墓参を済ませる。
このころには雨もほぼやんだ。

 出立時は小田原に寄りいつもの山安ターンパイク店で干物を買おうと思っていたがこの時点で15時、そんな状況ではない。
伊豆急下田駅の前にある徳造丸海鮮家下田駅前店で土産の干物を買い、急いで帰路に就く。
ガソリンを満タンにし、帰りは下田からR414で山中を走り、そのあとは来た道の逆順で。
伊豆縦貫道で渋滞、東名道に入り中井PAで小休憩をとり横浜町田で多少の渋滞はあったものの、20時には千葉県へ。
Cimg5763昼飯をまともに食ってないので、腹いっぱいにしたく
津田沼のかいざん本店でラーメンを食べようと思い花輪ICで京葉道路を降りたが、店前の行列を見て挫折、
流れ流れて鎌ヶ谷の博士ラーメンでしぐれネギ正油チャーシューメン。

今回は、往路242.6km(ガソリン6.28ℓ)、復路238.7km(6.09ℓ)、合せて481.3km(12.37ℓ)で燃費は38.9km/ℓ。マジェスティSでなら立派な方か!
因みに、
ヘルメットはいきなりwinsのSHADE使うは怖いので、使い慣れていて被りも深いZENITHのYJ-17を被り、
シートはなんちゃってゲルサブをシートカバー下に仕込んだおかげもあって、
頭痛とケツ痛は免れた。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

ヘルメット(wins shade)購入

メインのヘルメットはマジェスティSに乗り換えて2015年6月に購入した、
ヤマハ純正アクセサリーYJ-17 ZENITHをメインに使用しているのだが、
ちょっとした買い物等には中古でリードEX購入した際に用意した
TNK工業ZACK ZJ-3を使っていた。

そのZACK ZJ-3だが、さすがに6年以上の使用でシールドが壊れてしまった。
Cimg5752近くの2りんかんでシールドを注文しようとしたが
これだけで3千円かかるとのこと。
見るとヘルメットコーナーにはこのクラスのヘルメットが6千円台からある。

ということで、シールド交換は取りやめ、
新しいヘルメットwinsshadeを購入。
これもCimg5753インナーバイザー付きです。
もちろんマジェスティSのシート下に入ることはチェック済み。
YJ-17 ZENITHよりはかぶりは浅いが、こっちをメインにするかも!?

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

マジェスティS D.I.Y.エンジンオイル上抜き交換

前回のオイル交換より3千km走行(総走行距離17334km)しオイル交換表示が点滅したので、エンジンオイルの交換をすることにした。

Cimg5656Cimg5657 いつもの要領でオイルの上抜き。
入れたオイル量は
以前の残りのルート産業モリドライブレスキューSM 10W-40
マジェスティSのオイル公式全容量は950mlだが、それより少ない850ml程度を注入。

Cimg5658 Cimg5659オイルジョッキに残ったものは元の缶に戻したが、これでモリドライブレスキューSM 10W-40の残りは1リットルを切ったようなので、次回は新しいオイルを用意することを忘れないようにしたい。候補としてはこのオイル以外ではAZバイクエンジンオイルamazonで安いのでこいつも候補。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

マジェスティSタイヤ交換:ピレリ エンジェルスクーター

Cimg5542Cimg5541 マジェスティSも総走行距離17200kmに迫り、前回のタイヤ交換からも3年弱で走行距離12000kmとなり、持ちも良くグリップも気に入っていたミシュランパワーピュアSCもさすがにスリップサインが出てしまった。

Cimg5543今回も板橋にあるテクニタップに決定。
ここは環七沿いにあり、都内のややこしい所に比べれば解りやすく、また千葉(松戸)方面からもアクセスしやすい。

次期タイヤについては、気に入っていたミシュランパワーピュアSCも良かったのだが、
どうせなら新しいタイヤで評判がそこそこよろしいピレリエンジェルスクーター
決定。
ピレリは学生時代に乗っていたVF400Fでファントムを履いてたことがあるが、ハイグリップでは無いものの限界をつかみやすく、名前の印象とは違いとても安心できるタイヤだったのでメーカーイメージは良い。 

メールで店にタイヤの金額等確認と予約を行い、台風一過の本日自宅から下道で走ってきたが、
日曜ということもあり、環七も混まずにすいすいこれ、1時間ほどで着。

Cimg5545Cimg5546Cimg5544中は取り外したパワーピュアSCとくにリヤはセンターがツルッツル右は取り付けるエンジェルスクーターフロントが120/70-13、リヤが130/70-13。

なお、金額は
     タイヤ代
F 120/70-13 ¥6200
R 130/70-13 ¥7000
これに工賃やタイヤ処分で、合計\21070-(税込)
この10月から消費税が上がっているが、タイヤ自身も上がっているらしい。バルブ代はまけてくれた。

Cimg5547Cimg5548

取付け終わり、店前で撮影。結構ヒゲだらけ。
新品時の保護ワックスや、ステッカー剥がし跡もあり、しばらく走ってタイヤも温め皮むき終わるまでは、滑るので要注意!

走ってみるととても穏やか。走り出した頃ヒラヒラと思いのほかバンクしたパワーピュアSCに比べると大人しい印象だが悪くはなくとてもジェントル。乗り心地も良い。

Cimg5550Cimg5551 35kmほど走って自宅に着いてからのタイヤの状態。まだまだヒゲだらけでこれはコンパウンドも持ちそうだ。
日常でのバンク角程度までは寝かしてたようで、タイヤのトレッドもそこそこ横まで使っている。

ウェット時のグリップはパワーピュアSCよりも期待できる。

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

マジェスティS D.I.Y. RVボックス簡易脱着化

マジェスティSには、以前blogに紹介した通り、アイリスオーヤマ密閉RVBOX鍵付460を取り付けている。
いざというとき工具なしで脱着できるよう、蝶ネジで取り付けていたが、日常使いでも着けて走るには邪魔に感じることもあった。
かといって簡単に脱着できると盗難の恐れもあったが、そうそう貴重なものを入れることも少ないし、それよりは利便性を重要視したい。
そんなことを考えていた際、youtubeで良く見させていただいているモロケンさんの紹介でOGKの自転車用品で良いものが見つかった。

Cimg5518購入したのはOGKのフリーキャリーシステムで
FCベース台/B-2(型番1Y0104
FCアダプター/FCS-005(型番1Y0301KG)
これをamazonから購入。

Cimg5519Cimg5521Cimg5520ちなみにこれが今までの状態。
RVボックスの底板が柔らいせいで振動で暴れるので、フラットバーのほかプラまな板で挟み込んでおり、
これ以外に工具なしでの脱着を考え、蝶ネジにしてある。

Cimg5522 Cimg5524Cimg5523先ずはベース台の位置決め、シート開閉ぎりぎりの位置を探る。
固定バーの取付は、取説だと横使いだが、
それだとマジェスティSの純正キャリアではバーが届かないので縦使い。

 

Cimg5525Cimg5526Cimg5527左はベースの開放状態。
中は開放状態にアダプターを載せたところ。
右はアダプターを載せロックした状態。

 

Cimg5528Cimg5530アダプターとRVボックスは、位置決めをしたらキリで穴を空ける位置決めをし、ドリルで穴開け。
取付には、ゆるみ止めとRVボックスの振動あばれを防ぐ意味をこめて、
前回使用していた残りのフラットバーを挟み込んでネジ固定。

Cimg5531Cimg5533んで取付。
多少無理して取り付けたことはあるので、ベース台の下のゆがみは生じている。
左が取付状態、右が開放して外した状態。

軽く走行してみると、RVボックス事態の暴れは以前よりも少ないようだ。
ただ、タイヤがちびた状態の影響もあるが、以前より若干重心が上がったせいか手放しすると左右のハンドルの振れが、気のせいかちょっと大きいかもしれない(かもしれない程度)。 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

マジェスティS D.I.Y. 破れたシート表皮の張替え

購入してから4年が経過し走行距離も16千kmを超えたマジェスティS
Dsc_1595梅雨も終わり、成田へテニスに行き、
そのあと船橋でラーメン食べた後、
ふとシートを見るとバックリ亀裂が…Orz
とりあえず補修テープを張り、ビニールをかけて雨かかりしないように対処。

情報をネットで探して見ると、マジェスティSの場合、凹んだ部分が切れることが多いようで、σ(^^)の場合は稀なパターンのようだ。
amazon見ると、純正シートカバーを売っていたので購入、またついでになんちゃってゲルサブも購入、次の週末には間に合った。
しばらくはこれで乗り、なんちゃってゲルサブで細かい衝撃は少なくなりケツ痛は少なくなったのだが、
真夏の炎天下に停めてあったシートに座ると、チンチンに温まったゲルサブでケツがあっちくて我慢できない状態(^-^;

その後もネットサーフィンしていると、
NTBからマジェスティS用の補修用張替シートカバー(CVY-31)が出ていること、
タッカーを購入してD.I.Y.で張り替えている人も多く、自分でもやってみることにした。

Cimg5395Cimg5393 Cimg5392カバーを外すと、
なんちとゃってゲルサブ
補修したテープ…跡がずれてる
張替えやることにしてヨカッタ!

Cimg5396Cimg5397 Cimg5400とりあえずレンチでシートを外す。
主に使う工具はペンチとマイナスドライバー、
これにダイソーで買ったタッカーと、針(ステープル)はMAXT3-6M
ネットで見ると、下手なホムセンのタッカーよりダイソーの300円のモノの方が良いらしい。

元のシートカバーは裏返しにして、カバーを留めている針(ステープル)を外す作業。
マイナスドライバーでコジって、起こしたところをペンチで引っこ抜く
コツとしてはある程度まとめた範囲で針(ステープル)を起こす作業を続け、そのあと抜く作業と、極力工具を持ち替えないようにして行う。
これが一番時間がかかるが単純な作業(写真撮り忘れて申し訳ない)。

Cimg5402Cimg5405Cimg5406針(ステープル)を外し終わるとこんな状態。
シートの凹んだところが何かで留まっている。
よく見ると錆びたタップビスと留め金具と針金
(針金は途中で折れていた)。

Cimg5401

Cimg5407Cimg5408

新たに購入したマジェスティS用の補修用張替シートカバー(CVY-31)
これを開けて凹んだところに来るところに折れた針金を通す。
留め金具とタップビスを留めていく。
 今度剥がしたとき、新しい針金を入れることにしよう(^-^;

Cimg5410_20190818223301Cimg5413Cimg5414Cimg5415表にしてみるとこんな感じ。
またひっくり返して前後左右を引っ張ってタッカーを打つ。

Cimg5417Cimg5419Cimg5418一度表にしてみると、ちょっとハリは出た。
このあと、張替シートを引っ張りながらタッカーをバンバン打つ。
打ち切れなく浮いてる針(ステープル)はトンカチで均し。
四方八方打ち終わって表にしてみると素人とは思えない出来(^_-)-☆

Cimg5420Cimg5421Cimg5422バイクに戻り、シートを留めるナットを締めて元に戻す。
安全に係る部所なので、できればロックタイト塗ってしっかり止めたい。
出来上がりはこんな感じ、
満足できる仕上がり(^^)

Cimg5423Cimg5424なんちゃってゲルサブを置き、純正シートカバーをかけてとりあえずこれで運用することとする。
時間があればなんちゃってゲルサブをシート形状に合うよう
カットしよう。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

マジェスティS D.I.Y. スロットルの戻り改善

昨日のツーリングで帰りの走行中、スロットルの戻りが渋くなり、手を緩めアクセル閉じたつもりでもエンジン回転の下がりが悪くなっていることに気づいた。
以前にも同様の状況があり、その時は途中のタイラップでグリップヒーターのケーブル余長が締まって無くなっていたのが原因だったが、今回は違うようだ。

Cimg4991 Cimg4992ということで、今日はスロットルの戻り改善処置。
左が全閉の状態、右が全開から手を離しただけの状態。
よく見ると、グリップヒーターの配線位置が戻りきっておらず、全閉位置にないことがわかる。


Cimg4996Cimg4995 Cimg4994 スロットルを留めているケースを開け、2本のワイヤーを外してそれぞれをワイヤーインジェクターでシリコンオイルスプレーでオイルを注入。

Cimg5000Cimg5001 Cimg4999

他にも摺動部はグリーススプレーでグリースを注入する。オイルは適材適所で。

ついでに引き側のワイヤーの途中にあるゴムカバーをずらし、出てくるアジャスターの調整を取り直しワイヤーの余長を取った。

これで元に戻すと、スロットルは戻りが復活!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧