林道

2019年9月15日 (日)

台風跡の鴨川・館山一泊旅行

トクー!トクーポン!で館山市のオステルリーアヴァンソワが半額以下で泊まれるので、金曜に夏休を当て、13~14日と予約を入れてあった。
しかし、8日の台風15号による被害で現地は停電が続き、宿の支配人が携帯の電波通じるところへ移動し連絡をくれキャンセルとの話があったが、こちらはどうせ予定もないので営業できる状況になったら泊まる予定で良いと返事し様子を見ることとしていた。
予定の前日の12日夕方改めて連絡があり、営業可能なので是非!となり、道中の不安はあったが一泊旅行をしてきた。

10時半に家を出立しR16を南下、京葉道穴川IC~館山自動車道君津ICで降り、r92~房総スカイライン(H31.4.より無料)~鴨川有料(H31.4.より無料)とつなぐ。
Dsc_1725 Dsc_1724

 

途中房総スカイライン入り口手前で、六本木林道の入口を確認。
googleマップ(ココから房総スカイライン側へ微かに見える脇道)
台風の爪痕で竹が道にかぶさっており走行は不可能、ちゅーかこんな道入り込んだら助手席のかみさんから大クレームが出る(^^;
そうそう、以前鴨川日帰りツーリングで走ったところは一つ手前の脇道で、六本木林道ではなかった。

 

台風15号の影響で、君津ICより先では、瓦が一部外れている家や倒れている看板が目立つ。
r92沿いでは営業停止していたり断水でトイレ使用不可のコンビニが多い。
房総スカイライン手前からは信号もついておらず、スカイライン内の道の駅もコンビニも営業停止。

Dsc_1726 Dsc_1727鴨川有料を下り鴨川市に入り、営業している店舗見え始めた。
ここでランチをスマホで探し、まるよ西城店での食事に決める。
カーナビで場所を調べたら停めたケーズデンキの脇だった(^^;

Dsc_1729Dsc_1729 Dsc_1730この日のランチメニューから、
σ(^^)はさざえ丼、かみさんはまぐろカマ塩焼き定食、単品で金目鯛の煮付。
かなりのボリューム。

Dsc_1733 Dsc_1732 Dsc_1731鴨川市街を抜けR128で館山市まで、
r250r257とつなぎ、
この日の宿オステルリーアヴァンソワに到着。

Dsc_1734Dsc_1736Dsc_1737ここは日本オーベルジュ協会にも認定されている、南フランスプロヴァンスの雰囲気を大事にしているオーベルジュの店。
ディナーはコース料理だけど肩ひじ張らずに食べられ、料理もワインもおいしかった。
出立の際は、看板犬のシェルティも見送ってくれた。

Dsc_1739宿を出、帰りは海沿いに回り外房側へ。
この辺りは一番台風の爪痕がひどかった。
写真の通り、山の木がなぎ倒されていたり、電信柱や看板は倒れ、瓦葺の家はどこかしら瓦が飛んでいる。
今回の旅行も行くことを憚った時もあったが、千葉市長の言葉のように過剰に自重せず心慮ることが大事で、行くことが小さくても支援になればと考えを変えた経緯がある。
Dsc_1740Dsc_1742Dsc_1743この後は道の駅をいくつかはしご。南房パラダイスちくら・潮風王国は開店休業状態。
ローズマリー公園は観光客は少ないが地場の野菜等が好評で近隣の人が目立った。
駐車場が混んでいるのが見えた和田浦WA・O!は、入ってみると道の駅は休業で、来ている車は給水に訪れた近隣住民の車だった。

Dsc_1744

Dsc_1745Dsc_1746鴨川市に入りすぐのカネシチ水産でこの日のランチ。
鴨川市はおらが丼という町おこしのご当地グルメを各店でやっている。
カネシチ水産ではまご茶漬けをおらが丼としており、
σ(^^)は地魚刺身とまご茶漬けのセット、かみさんはまご茶漬けを選択。

このあと鴨川からは、鴨川有料~房総スカイライン~r92~館山自動車道君津IC~京葉道穴川IC~R16と行きの道を帰り16時に帰着。
総走行距離は320.5km、ガソリン28.19ℓ、燃費11.4km/ℓでした。 

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

鴨川への日帰りツーリング

天気も良いことだし、鴨川へ日帰りツーリングに行くこととした。

まずは準備!
Img_20190503_090507Img_20190503_090537Cimg4976アマゾンで買ったサイドバッグ、買った一年半前は3300円だったが今は名前は違えど同じ品が3500円で売られている(バイク サイドバッグで検索すると似たもんがゾロゾロ)。こいつの上部を靴紐でキャリアに留る、また上部だけでは走行風で横に舞い上がるので、同じく靴紐で下部も留める(写真真ん中が参考)。これはマジェスティSでメンテ等を参照させていただいている三つ子の魂百までこちらのページを参考にさせていただいた。
スロットルアシストは、小排気量バイクでのロングツーリングでは助かる。
これにM90イヤーセットでスマホナビの音声を聞けばバッチグー!こいつはイヤホンではなく耳にかけるタイプなので外の音もちゃんと聞こえ安全です。
これにお土産入れ用ソフトクーラーバッグと保冷材でGO!
9時過ぎの遅めの出立です。

R16~京葉道路穴川IC~館山道君津ICと走る、でかい国道と高速はGWのためひどい渋滞。君津IC降りてからはr92で房総スカイライン入口まで。

ここでポンと思い立つ!
Cimg4980Cimg4979Cimg4978そうだ、走れはしないけど林道六本木線の素掘りトンネルを確認してみよう!
房総の林道はblog見ると2008年以来、この時は六本木線は走っていない。σ(^^)のblogに記録がないことを見ると、2006年開設前のイカク~チョさんや代官さんと走った時だ。イカク~チョさんのビグロン記を見たら 2006年の1月だったみたい。そういやこのときイカク~チョさん とはなしてblog始める気になったような気がする。
話は戻し、左と真ん中写真二枚が六本木線の入口付近。
そして走っていくと、、、あれ???素掘りのトンネルにたどり着かない!気づいてみると写真のようなかなり奥地まで。
戻りながら昔の記憶をたどってみると、入り口入ってすぐに房総スカイラインの下を素掘りトンネルが貫通してたはず。それがいま掘割で舗装されてる…Orz
ちょっと残念だったが、マジェスティSでもグリップが効くラフロードは多少なりとも走ることが出来るのは判った、しかしタイヤがミシュランのパワーピュアSCなこともあるのか、ぬかるみや砂利が浮くところはかなり危ない!
※190915追記:
9月のドライブで、カーナビ確認したところ一本手前の道であったことが判明。
その日は本当の六本木林道入ることはできない状況だったが、林道標識は健在だった。

Img_20190503_114052Img_20190503_115417Cimg4983 房総スカイラインを下り鴨川へ出、JR太海駅で軽く休憩!
魚は午前中には売り切れになると聞いていたので、
マルゴ鮮魚店でカツオの刺身やアジの干物を購入!

Img_20190503_140021Cimg4988このあとは、仁右衛門島を見に港まで。
地続きに見えそうだが、やはり島。
ちょうど写真のように手漕ぎ船で渡り舟をやっている。


Cimg4990Cimg4989このあと、路肩の無人販売でタケノコとミカンを発見!
こういうときにでかいRVBOXやサイドバッグが活きてくる。
予備にリュックも持ってきていたが、そちらは空いている側のサイドバッグに収納。

Cimg4984Cimg4986Cimg4985ネットでランチを調べ、安房鴨川駅近くの川京に決定、タイミングよく入れ、磯料理定食を注文。
提供まで時間はかかったが、この内容・美味しさで1900円は安すぎでないかい!?
時間がかかったのを除けば、大当たりの店だった。

帰りは着た道をそのまま戻る。
家到着は17時過ぎ、総走行距離は250.2km、ガソリン6.16ℓ、燃費40.2km/ℓとなりました。マジェスティSで燃費40km/ℓ越えは初めてかも!?

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

笑’s B-6君ほかキャンプ火器類紹介

こないだのblogユニフレームネイチャーストーブの紹介をしたが、物欲に負けてこんなもん買ってしまったりする。

笑’sB-6君です。
Cimg4930七輪とネイチャーストーブ持っているけど、
これも欲しくてamazonで購入。
今日は午前にテニスをし、
帰ってきてさっそく火入れして昼食は肉なんぞ焼いてみました。


だけでなく
SOTOのミニ焚き火台テトラST-941も安かったので購入。Cimg4931
コーヒーのお湯沸かすぐらいなら、これで十分。
固形燃料や豆炭もよさそう。

ついでに持っているほかの手持ちのものを紹介。 

Cimg4932Cimg4934プリムスのボンベとカセットボンベを繋いでいるのは
ALVAつめかえ君のNタイプというもの。 
本来はアウトドア用のガスボンベに、安いカセットガスの燃料を移すものだが、逆も可能なので、普段持ち歩くミニカセットガスに充填する。

あとこんなのもある。
Cimg4933
BulinのBL100-T4-A(カセットガスアダプター付) 
amazonで昔に買ったのだが、今はカセットガスアダプターが付属してないらしい。
こいつの良いところは、カセットガスで分離式で安かったことと、予熱管があるので温まったらカセットガス逆さまにすれば寒い山でもドロップダウンが起きづらいこと。
他の火器類は大昔に、手持ちのシングルバーナー(比較)でも紹介している。

ほかにも紹介したいキャンプ道具はあるが、今日はここまで。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

テントの虫干しとネイチャーストーブの確認

この頃は、林道になかなか行けることもない状態だったが、田中ケンの極上!三ツ星キャンプや、お笑い芸人ヒロシのぼっちキャンプなどのテレビ番組を見るなどしているうちに野営の虫がうずきだしてきた。

ってことで、テントの虫干しやらキャンプ道具の点検なんぞ。
点検したテントは、コールマンの「ツーリングドーム2」(左側、以下ドーム2)とその後継機種の「コンパクトツーリングテントDX」(右側:以下DX)
今はどちらも廃盤となっている。
Cimg4916Cimg4900ドーム2は一般的なドーム式だがポールをテントのスリーブに通すのとポールに前後があり間違わないようにするのが面倒。畳んで収納は簡単で嵩張るよう見えるがそんなこともなく軽い。
DXは、ポールに前後区別なく、テントはフック式でポールにかけるので簡単。

Cimg4901Cimg4902

ブランド表示がこんな感じ。

 

Cimg4905Cimg4906

ドーム2は、ペグでフライを張っても前室の高さが確保できないのが残念。しかし小物置きとか充実。

Cimg4904Cimg4903

DXは、前室用のポールがあるで高さも確保でき広い。残念なのはテントの通風が今一つなのと生地の色のおかげで中が暑い。 

Cimg4913Cimg4914畳み方だがポールを畳むところにおいて重しにすると風があっても畳みやすい。
ドーム2はテントもフライも四角く整った形なので畳みやすく収納袋も良くできているが、
DXはフライがややこしい形なのと収納の袋が良くないので説明書を見ないと収納できるようにならず、なおかつフライの生地が大きいのと前室用ポールもありけっこう重い。

Cimg4915_1Cimg4917 ポールの折り畳みは、真ん中から折り、左右均等に外側も折っていかないと、インナーゴムがバランスよくできずに伸ばしてしまう羽目になる。
ふと気づくと、膝が汚れており、よく見るとコールマンのランタンマークになっていた。たぶんインナーシートのプリント面に膝ついたときに着いたと思われる。

ついでに実家倉庫探してたら、失くしたと思っていたユニフレームネイチャーストーブが出てきた!(^^)!
Cimg4919Cimg4920Cimg4921いざというとき用に用意してあったが、実際キャンプでは以前書いたブログでのとおり七輪を使用することが多く活躍の場が少なかった。
さっそく組み立てて、シュレッダーの紙くず入れて燃焼テスト。
煙突効果でよく火が上がる、これは大事にとっておこう!
だが、焚火ストーブの物欲はついてしまったので、別のものの購入を思案中(笑)

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

那珂湊おさかな市場と溜まった年賀状の対処

年末年始の買い出しと、かみさんとおふくろが美味い物が食べたいということもあり、今日はエクストレイルで朝4時半出発で朝飯兼ねた買い物に那珂湊おさかな市場に向かった。

6時前には那珂湊おさかな市場近くまでは来ていたのだが、そこからは大渋滞で更に2時間近くかけて駐車場に入れられた。

Dsc_0872ってことでまずは朝飯!
選んだ店は毎回のヤマサ水産本店2階のレストラン。
σ(^^)は海鮮丼、かみさんはミックスフライ定食、おふくろは鉄火丼、みな大満足。

食事のあとで欲は減ったと思っていたものの、それでも気づいたらいろいろ買いこんでしまった(^^ゞ

そのあとはとっとと家に帰り、過去数年分の年賀状の処理。
Dsc_0873当初は人力の手回しシュレッダーで対処していたが、根も果てたので、林道キャンプで使い込んだ七輪で昇華作業に変更。
ご近所さんからは変な目で見られていたかな。
でもこれで、気持ちよく年を越せるのでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月31日 (日)

信州(安曇野・上高地・ビーナスライン他)ドライブ

8/27より30日本日まで、信州をドライブしました。
今回は、お初となる上高地がメイン。

27日
午前、家を出立し中央道を駆け抜け、安曇野ICで降りて、安曇野ちひろ美術館。ここはかみさんのリクエスト。
P8270003P8270002あいにくの天気だったけど庭は広くて気持ちよいし、ちひろ以外にも絵本は多いし、こういうところが好きな人で天気が良ければ半日はここで過ごせるな。

そしてこの日の晩は、ホテルアンビエント安曇野に宿泊。
施設にちょっと古さは感じたが、料理が売りなだけあって、夕飯のフレンチも翌日朝飯のバイキングも食事は抜群。
この値段でこれだけの料理食べれれば、十分納得いくもの。

28日
この日はホテルの宿泊パックとなっている無料ツアーバスで、上高地散策。
P8280008P8280012P82800308時にホテルを出て10時に上高地到着。ここから3時間の散策だったけど、なかなかの絶景で楽しかった。
13時に上高地出て15時にホテルに戻り、その次は大王わさび農場
P8280043P8280047P8280049林道走るのが趣味の自分にはわさび田は見慣れているのだが、これほど大きく人里にあるのは初めて。
この日は松本市内に宿をとり、山賊焼きを食べて沈。

29日
宿を出てまずは松本城
P8290056P8290059P8290063ここはかみさんのセレクト、上高地では山女子がいたけど、ここには城ガール(戦国女子)がいましたいました!
そのあとは、美ヶ原林道、ビーナスライン使って美ヶ原高原→霧ヶ峰→白樺湖→蓼科とロングラン。
P8290073P8290072P8290097最初2枚は美ヶ原林道わき渓流でのもの、もう一枚は霧ヶ峰。美ヶ原高原はガスっていて眺望は望めず。
この日は蓼科ハイランドリゾートアゲイン

宿泊。
P8290105P8300113ここも売りは食事で、夜のフレンチも、朝ごはんも納得できるものでした。写真は時間貸切の露天風呂と、翌朝の鳥餌台の様子。来る際はキツネとも遭遇しました。

30日
帰路は、メルヘン街道使い佐久から軽井沢抜けようかとも考えたが距離が厳しいので、まともに中央道使うこととし、途中山口温泉山口温泉若だんな(もうすでに若くないか)お勧めの手打ちそば蔵による。
P8300115P8300120P8300119ここの温泉の泉質は、過去の自分の経験でもベスト5には入る(完全源泉かけ流し)、ので中央道使う際は、ここへ立ち寄ることも多い。写真は露天の様子。ソバは最初奥藤竜王分店にしようと思ったが、こちらの蔵にして正解!写真には別注文の鳥モツ煮も入っています。

その後は中央道を順調に走り首都高も越え、自宅には4時前には到着。
スコップの留守番してくれたグランマにお土産渡し無事終了。
4日間の総走行行程700kmのドライブでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

紅葉狩り:竜神大吊橋・四時川林道

紅葉狩りのシーズンとなりまして、この11月11日に行ってきました。

朝7時に家を出、下道を走り牛久阿見ICから高速に乗り那珂ICを降りてまずは竜神大吊橋

Pb110029Pb110015平日月曜ということもあって第一駐車場に停められた。紅葉は始まっていたが、もう1~2週間くらい経った方が一番良い景色になっているかも。この近くはしょっちゅう来ているのだけれども竜神大吊橋自身は初めてなのだがなかなかの絶景。
P2170016 でも、もう今は入れなくなった細崎入林道の尾根線からの景色の方が好き、よくここで昼寝したもんだ(左は2002年当時の細崎入林道からの竜神大吊橋)。

Pb110040次は道の駅さとみ
ここで昼飯で蕎麦でも食うつもりだったが、まだ腹も減っていなかったので、ソフトクリームとヨーグルトで済ます(これがこの後のあだになる)。
ソフトクリームのほうが有名だがお勧めはヨーグルトです、むちゃくちゃ濃厚です!

その次は四時川林道へ。
その途中で食事場所を探すが良いところがなく、そのままR289の水呑場側に到着し、いつもとは逆側から入ることとする。
紅葉は絶景だが、途中天気がおかしくなり、水呑場につく前には雨、林道入るころにはアラレ混じりに。
1/3ほど走ったところで通行止めの看板。その場にいた車の人に聞くと工事中とのこと。仕方なくR289に戻るが、戻ったころには雪に変化…Orz
Pb110050_2R289に戻ったところでいわき市街方向へ向かい、いつもの四時川渓谷側から入り直した。こちらもまた絶景の紅葉。
こちらから林道を走ると、水呑場側から入った時の手前まで来たところでまた通行止めの看板。

またR289に戻り、四時川観光ヤナをやっと見つけたが、4時もまわってしまったのでここでは我慢して軽めにと蕎麦とアユの塩焼き。けどこれが結構うまい。一押しの鮎の釜めしにしとけばよかったか!?

そこから帰路はR6に出て北茨城に入り大津港近くの松野屋本店でお買い物。海苔の佃煮や冷凍姫サザエ、それにメスのワタリガニ12杯をケースで大人買い!
そのまま南下し日立中央IC~牛久阿見IC~下道で帰着。

ワタリガニは実家とで山分け!家に持ち帰ってからは直ぐに茹で上げ自分ひとりで2杯を完食!腹子を持ってて最高にうまかった!残りは冷蔵庫ストックし翌日以降に全て平らげた。おかげで指が痛い(^^ゞ

今回は温泉が混ぜられず、かみさん的には満足はしたものの、景色の良い温泉に入りたいとのことなので、うまく休みが調整できれば日光黒部ダムの四季の湯絡めて紅葉ドライブ行くかな!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

四駆仲間との飲み会

関西のshinoさんが仕事の都合で東京に来るとのことで、
昨日は、昔のクロカン・林道メンバー何人かで秋葉原にて迎撃した。

メンバーは、shinoさん、としきさん、イカク~チョさん、いしざきさん、しまの5人。
P9170007楽しい時間だった。
気付いたら終電、翌日朝は頭ガンガンっ!

またやりましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

東三河帰省と小学校探索

仕事の都合もあり、この夏の帰省はお盆時期を外し、8/24~26の後半で帰省した。
おかげでNEXCO中日本で行っている速旅乗り放題プランのうちのまるごと富士山ドライブプランを使用できた、昨年の静岡ドライブプランが山梨含んで広がった模様。
また今回の帰省は、shinoさん依頼の配送を兼ねての旅です。

P8260025行きは24日早朝4時に出発し、京葉道~首都高を順調に抜け、新東名で途中スコップの休憩含め浜松いなさ北ICを降りかみさん実家に着いたのは10時過ぎ、都心の混む時間さえパスできればはやいんだよね。

二日目はshinoさんと10時に落ち合い、まずは依頼を受けていた配送荷渡し。
P8250002P8250004そのあとは自分のペケトレにshinoさんを乗せ、近隣の小学校および小学校跡の二宮金次郎像探しのお手伝い(笑)。shinoさんがこんな趣味持っているとは思わなんだ。けっこう廃校になっている小学校も多く、そのほとんどは校舎そのままで企業に貸しているケースが多い。

そして三河大野駅近くの銀行址を改装し喫茶店にした「鳳来館」にて
http://horaikan.suehiro-i.com/
男二人が似合わずランチ。

P8250018別所街道から秋葉街道つかって浜松市天竜区へうつり
静岡・長野・愛知にまたがる峠にて、これまたぁゃιぃ廃校へ。

P8250020そのあとは飯田線大嵐駅(おおぞれえき)のこれまた古いトンネル訪ね、
帰り道ではネットからは度々遠い世界のおもちゃ屋を物色し、
このあと三河大野の「徳嶋屋」の酒まんじゅうをかみさん実家への土産にし
http://tabelog.com/aichi/A2306/A230605/23031549/
shinoさんとはお別れでした。

三日目は朝にかみさんの保険の手続きを済ませ10時過ぎに出発。
御殿場を過ぎたころから混みだし、結局自宅に戻るのは20時過ぎ。次回から帰りはもうちょっとドッグラン休憩を少なくしたほうがよいな。

そっそ、まだ新東名を反映したナビの更新をしておらず、新東名走る際にそれが気になっているのだが、shinoさんが奥様の車を借りてきた際の手法で、スマホを簡易ナビにしてフロントガラスに固定しているのを見てこれはイケると次回の帰省から参考にさせてもらうことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

いわき方面散策

この週末は、世間とずれて土曜日からの3連休。
せっかくなので初日の土曜日は、
紅葉狩りと温泉と林道を兼ねた復興支援ということで福島いわき方面に!
ついでにスコップ(わんこ)の愛知帰省練習も兼ねて。

朝7時に家を出て、柏での渋滞を避けて谷和原ICより常磐道へ。
途中、友部SAでスコップの散歩兼ねて休憩。
そのあとはいわき湯本ICで降りて、小名浜漁港へ。
Pb240006 いつも食事を取るうろこいちは未復興なため、
てまえのどんぶり屋で
海鮮どんを選び、
早めの昼食。

Pb240008 そのあとは、勝手知ったいわき・ら・ら・ミュウへ。
施設は混んでいて、外での昼食は正解!
それでもおさかなゾーンで、とこぶしの串とほたての串、
蒸ウニと蒸カニでしたつづみ。
おみやは、鮪大トロにほっき貝、ツボダイとカレイのひらき。
ここでは驚いたことにスコップそっくりのワンちゃんも発見。
聞いてみるとシーズーとミニチュアシュナウザーのミックスだそうで、
スコテッシュテリアとトイプードルのミックスのスコップとは血が違うものの、
まるで兄弟のよう。

このあとは林道にて紅葉狩りということで、まずは折松林道へ。
途中そこそこ険しいところはあるもののペケトレ自身は順調に上っていく。
気になっていたスコップは、助手席のかみさんによると後ろシートで寝てるとのこと。
しかしそれが大きな間違い!
実は車酔いを起こしてぐったりしてたようで、突然のゲロッパ!
スコップをまず外へ出して新鮮な空気を吸わせ、
水はいつものごとく焼酎ボトルに入れたあったりしたので、
タオルで拭いては絞り、拭いては絞ってお片づけ。

Pb240010 そのあとはゆっくり気をつけて鶴石山林道へつなぎ、休憩。
スコップもゲロッパの後は元気になり、
休憩のたびに元気に走り回り。
頂上も過ぎて北側に廻り、鶴石山の名水を探したが、
跡地はあったものの、水はなくなってました。
そのあとも下り、途中間違えて支線に入ったりしたのだけど、
215/60R17のノーマルタイヤでは、ラフなところでは丁寧に走っても
リム打ち起こし、パンクが心配!
この機に用意してあるDUNLOP GRANDTREK AT3
215/65R16セットに履き換えても良いかな!?

Pb240012 Pb240011 林道後は、この地に来た際はたいてい寄る、
高野温泉 入りの元湯 神泉亭です。
参考にひとつ

どっぷりつかった後は、帰宅ルート。
柏のあたりはまた混んでいるようなので、手前の谷田部ICで降り、
実家によって、刺身とひらきのおすそ分けをして、自宅着。

今日の走行分のETCマイレージも72ポイントとなり、
年末の愛知への帰省で1000ポイント近くに!
1月か2月にちょっと走れば8千円への引き換えも可能になりそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)